ブラックでも借りれる金融は無い。

ブラックでも借りられる金融はほぼ闇金だけです。「自分はブラックかもしれないから、どうせ審査に落ちるだろう」と最初から諦めている方は、是非以下のカードローン審査に申込んでみてください。審査を受ける前に諦めたらもったいないです。もしどのカードローンに申し込んでも審査落ちなら審査に落ちまくった方専用の最後の砦をおすすめします。

三菱UFJ銀行カードローン

金利 1.8%~14.6%
限度額 500万円
審査時間 2~3日
おすすめ度

アコム

金利 3.0%~18.0%
限度額 800万円
審査時間 最短30時間
おすすめ度

レイクALSA

金利 実質年率4.5%~18.0%
限度額 1万~500万円
審査時間 最短15秒※
おすすめ度

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※60日間特典の注釈
・初めてなら初回契約翌日から特典
・特典期間経過後は通常金利適用
・30日間特典、180日間特典と併用不可
・Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方
・ご契約額が200万超の方は30日特典のみになります
・Web以外で申込された方は60日間特典を選べません

ダントツおすすめは三菱UFJ銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローンをおすすめする理由

提携コンビニATM手数料【借入・返済どちらも】無料

普通預金口座があれば入力項目が少ない

普通預金口座があればカードがお手元に届く前でも、振り込みでの借り入れが可能(*口座によってはご利用いただけない場合があります)

金融業者の紹介所【審査落ちの最後の砦】

グランドスラム
必ず見つかるキャッシングの無料案内所。例えどんな状況でも「確実に借りられる所」を必ず見つけて、紹介できます。キャッシングの審査に通らない属性でも個人情報を入力する必要がなく、安心して申し込めます。

マネーフォワード
消費者金融では「審査が通らない」でも、どうしても今スグ「お金が必要」。多重債務や過去の自己破産、任意整理歴、過払いの請求、長期延滞のような「ブラック」でも貸してくれる会社や、個人を探している方へ。

匿名融資相談センター
消費者金融では「審査が通らない」でも、どうしても今スグ「お金が必要」。多重債務や過去の自己破産、任意整理歴、過払いの請求、長期延滞のような「ブラック」でも貸してくれる会社や、個人を探している方へ。

フクトク相互サービス
すぐにお金が必要な方、 貴方にピッタリの店舗がきっと見つかります。総量規制でもお金が借りたい時、総量規制対象外のお店をご紹介。

マネークリップ
お金にお困りの方に、メールでキャッシング問題を相談頂けるサイトです。ご利用料や手数料などかかりませんので、安心してご利用下さい。

融資のご相談
まずは無料審査をご利用ください。

モバイルターミナル
消費者金融業者へキャッシング申込みをする前に、審査項目を入力して頂くだけで、あなたにキャッシング・ご融資が可能な業者があるかどうかを事前審査するサイトです。

クイックプラン
キャッシング申込みをする前に、審査項目を入力して頂くだけで、キャッシング・融資が可能な業者があるかを事前審査するサイトです。

債務整理でスッキリするのもおすすめ

任意整理には①任意整理、②特定調停、③個人再生、④自己破産の4種類があります。特に自己破産は支払いが完全にゼロになるという大きなメリットがあります。

あすなろ法律事務

あすなろ法律事務 [債務整理] 任意整理 着手金40,000円
過払請求 着手金0円
個人再生 費用370,000円
自己破産 費用310,000円

東京ロータス法律事務所

岡田法律事務所 任意整理 着手金20,000円
過払請求 着手金0円
個人再生 着手金300,000円
自己破産 着手金200,000円

名村法律事務所

名村法律事務所 任意整理 着手金20,000円
過払請求 着手金0円
個人再生 着手金300,000円~
自己破産 着手金200,000円~

任意整理とは

任意整理とは、司法書士が債権者と交渉をして、将来利息のカットや長期分割弁済などの和解を成立させ、支払いを楽にする手続きです。すべての債務整理の手続きの中で、最もよく利用されるのが、この任意整理の手続きです。

利息制限法の上限利率を超える利息の契約がある場合には、利息制限法による引き直し計算を行い、過去に払い過ぎている利息を元本に充当して債務を減らします。

そして、将来の利息はカットして長期分割払いをするという交渉や、一括返済するので債務を減額して欲しいというような交渉をしていきます。

将来利息のカットについては、ほとんどのケースで可能ですが、一括返済による元金の減額ができることは、あまり多くはありません。 多額の遅延損害金が発生しているケースで、一括返済によって遅延損害金を減額または免除してもらえることはありますが、元本まで減額してもらうのは、通常は難しいです。

裁判所は関与しませんので、自己破産や個人再生の場合のように、裁判所に提出する書類を用意していただく必要はありません。
引用元URL:https://saimuseiri.kabarai-sp.jp/niniseiri.html

特定調停とは

特定調停とは、借金の返済が滞りつつある債務者の申立により、簡易裁判所が、その債務者(借主)と債権者(貸主)との話し合いを仲裁し、返済条件の軽減等の合意が成立するよう働きかけ、債務者が借金を整理して生活を立て直せるよう支援する制度です。

特定調停では、任意整理と同様に、債権者からこれまでの取引履歴を開示してもらい、借金をした当初にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)による引き直し計算をします。引き直し計算によって減額された元本をもとに分割して返済していくことになります。

ただし、債権者の中には特定調停に対して必ずしも協力的でない対応をする者もあり、また、簡易裁判所ごとに調停基準にばらつきが生じているため、任意整理では原則としてカットされる調停成立までの期間の遅延損害金や調停成立後の利息(将来利息)を支払わなければならない場合があります。
引用元URL:https://www.adire.jp/keyword/tokutei/

個人再生とは

個人再生というのは、債務者が裁判所に申し立てをして、大幅に減額された債務を3年から5年の分割で支払い、残りの債務は免除してもらうという手続きです。

個人再生ができるのは、将来において反復継続して収入を得る見込みがあって、債務の総額が5,000万円を超えない方です。

個人再生という手続きは聞いたことがないという方もいらっしゃると思いますが、わかりやすくするために、ちょっと乱暴な言い方をすると、自己破産と任意整理の中間のような方法です。

つまり、自己破産のようにすべての債務を免責にするというわけではありませんが、任意整理とくらべれば、債務の元金を最大9割減額でき、債務を減らす効果が非常に大きい方法であるということです。

再生計画案が裁判所に認可されて、分割支払いが終われば、すべての債務がなくなります。返済期間については、原則3年となりますが、特別な事情がある場合には、5年までの長期分割弁済が認められます。

個人再生は、自己破産と違って、住宅を手放すことなく手続きができることが大きなメリットです。
引用元URL:https://saimuseiri.kabarai-sp.jp/saisei.html

自己破産とは

自己破産とは、裁判所に「破産申立書」を提出して「免責許可」というものをもらうことで、養育費や税金などの非免責債権を除く、全ての借金をゼロにするという手続きです。自己破産ができるのは、「支払い不能」という状態になった場合です。

「支払い不能」というのは、分かりにくい言葉ですが、要するに、現在持っている資産や、今後得られる収入などから総合的に判断して、債務のすべてを完済することが不可能であろうと考えられる状態のことです。

「どのぐらいの債務があったら自己破産できますか?」というご質問をいただくことがありますが、債務がそれほど多くない場合であっても、資産がなく、今後も収入がギリギリ生活できる程度しか見込めないような状態であれば、自己破産が認められる可能性があります。

支払い不能かどうかは、裁判官が、債務者の負債の額や収入、資産の状況等から総合的に判断します。

ただし、支払い不能の状態であったとしても、借り入れの原因のほとんどがギャンブルや浪費である場合など、「免責不許可事由」があると、免責が許可されないこともあります。
引用元URL:https://saimuseiri.kabarai-sp.jp/jikohasan.html

金融事故があった場合、どこにも借りられない?

いわゆる大手カードローンは審査がしっかりしているので、金融事故を起こしてしまった場合や心当たりがある方にとっては、そういった大手カードローン審査に申し込むのに気が引けるのは分かります。しかし、審査は申し込んでみないと通るか落ちるかは分かりません。審査に申し込むだけなら無料だしリスクはありません。ダメ元で申し込んでみて、結果が出てから次の行動を選んだらいいんじゃね?

審査が甘いとか通りやすい貸金業者として、見たこともない街金が紹介されているサイトもありますが、こういうところは逆に審査が厳しいんじゃないかと思います。だって小さい会社なので、審査を甘くして貸しまくっていたら潰れます。大手カードローンに申し込んで審査に落ちた場合は上記の審査に落ちまくった方専用の金融紹介所を利用することをおすすめします。

給料ファクタリング、流行って来てますね

資金調達の方法でファクタリングというものがあります。来月に入る売掛金を安く買い取ってもらう資金調達方法です。これを個人の給料でやってしまおうというビジネスです。例えば、来月の給料20万円を今月16万円で売ります。今すぐ16万円手に入りますが、来月の給料は全額持っていかれます。怖いですね。

債務整理か自己破産をおすすめします

債務整理:弁護士が貸金業者と交渉して、借金額を減らしてもらい、弁護士が立てた計画通りに返済していく方法。

自己破産:裁判所で手続きをして、借金を帳消しにしてもらう方法。

どちらにしても弁護士に相談する必要があります。弁護士費用は高い?それも弁護士に相談しに行ったときに聞けばいいことです。歯が痛くなったら歯医者に行くのと同じで、懐が痛くなったら弁護士に相談が一番いいです。


即日融資