店舗名 所在地
札幌お客様サービスプラザ 札幌市中央区南2条西4-10 清水ビル1・2F
南3条すすきの自動契約コーナー 札幌市中央区南3条西4-1-1 シルバービル4F
すすきの自動契約コーナー 札幌市中央区南4条西3-1-1 第3グリーンビルB1F
札幌駅前自動契約コーナー 札幌市中央区北4条西3-1 成友ビル4F
南六条西11丁目自動契約コーナー 札幌市中央区南6条西11-128627
三井住友銀行札幌ローン契約コーナー 札幌市中央区北1条西4-2-2
新琴似自動契約コーナー 札幌市北区新琴似7条15-6-16
北24条自動契約コーナー 札幌市北区北23条西4-2-30 第二久保ビル1F
麻生自動契約コーナー 札幌市北区麻生町3-10-2 那須ビル1F
石狩街道太平自動契約コーナー 札幌市北区太平6条1-2-15 村岡ビル1F
地下鉄栄町自動契約コーナー 札幌市東区北41条東15-3-22 谷内ビル1F
環状東苗穂自動契約コーナー 札幌市東区本町2条8-3-6 コモンズ28 2F
北郷自動契約コーナー 札幌市白石区北郷2条8-1-6
南郷18丁目自動契約コーナー 札幌市白石区南郷通18丁目北7-15 島田ビル1F
地下鉄白石自動契約コーナー 札幌市白石区東札幌3条6-1-1 第2小竹ビル2F
平岸自動契約コーナー 札幌市豊平区平岸3条7-1-27 第33藤井ビル1F
琴似紀伊國屋自動契約コーナー 札幌市西区琴似1条4-3-18 紀伊國屋ビルB1F
発寒自動契約コーナー 札幌市西区発寒13条4-13-75
手稲前田自動契約コーナー 札幌市手稲区前田5条12-13-30 1F
36号線清田自動契約コーナー 札幌市清田区清田1条4-1-45 R4TMビル101
函館花園自動契約コーナー 函館市花園町3-28 1F
美原自動契約コーナー 函館市美原2-7-22 万勝ビル1F
小樽駅前自動契約コーナー 小樽市稲穂3-10-18
旭川末広自動契約コーナー 旭川市末広東1条4-1-5 川島第1ビル1F
環状永山通り自動契約コーナー 旭川市永山八条5-1-14
旭川東光自動契約コーナー 旭川市東光五条7-3-19
東室蘭駅前自動契約コーナー 室蘭市中島町3-19-8 第2東洋ビル1F
釧路星が浦自動契約コーナー 釧路市鳥取大通9-8 1F
西帯広自動契約コーナー 帯広市西二十条南3-30-7
帯広弥生通自動契約コーナー 帯広市西六条南29-2-1
帯広白樺通自動契約コーナー 帯広市西十八条南3-27-36 1F
北見三輪自動契約コーナー 北見市東三輪2-39-1
岩見沢二条自動契約コーナー 岩見沢市二条西3-3-12 ホルスビル1・2F
桜木バイパス自動契約コーナー 苫小牧市桜木町3-19-27
明野新町自動契約コーナー 苫小牧市明野新町5-17-19 1F
40号線南稚内自動契約コーナー 稚内市大黒1-7-13 1F
12号線江別自動契約コーナー 江別市幸町10-7 1F           
千歳中央大通自動契約コーナー 千歳市信濃4-16-4
滝川新町自動契約コーナー 滝川市新町3-13-10 めぞんもりた
恵庭自動契約コーナー 恵庭市栄恵町109
大野新道自動契約コーナー 北斗市七重浜4-38
釧路木場自動契約コーナー 釧路郡釧路町木場2-1-1
中標津自動契約コーナー 標津郡中標津町東八条南1-1-1

北海道について

道内旅行はひたすらドライブ

北海道は大きい、というのは皆さんわかっていることかと思います。「北海道はデッカイドウ」なんていう言葉もあるくらいですから。でも、実際にどのくらい大きいのかというのを実感で分かっているのはやっぱり北海道在住の人かよっぽど北海道に詳しい方くらいでしょう。日本地図に北海道を乗せると目で見て大きさがわかるのですが、札幌-釧路間は東京ー大阪間くらいあります。ですから、ちょっと道内旅行に、と言っても相当の距離を移動することになります。北海道の鉄道は本州のように細かなところまで通っていませんから、移動はもちろんマイカー。すると、2時間なんてドライブはざらで、4時間、6時間のドライブをしないとなかなか目的地までたどり着けない、なんていることもよくあります。運転するのはもちろん大変ですが、実は乗っているだけのほうも疲れます。とはいえ、ドライブの間は山あり、川あり、海ありの絶景ポイントが目白押しだったり、おいしい農産物があったりといどうもなかなか楽しいのが北海道の旅行です。

広大な大自然が魅力です

北海道の魅力は色々ありますが、本州から訪れる友人がまず第一に口にするのは「なんでもスケールが大きく心が豊かになるね」です。先日新千歳空港に降りて私が住んでいる帯広を訪ねてくれた友人は、十勝地方に入ると景色が一変する、道路が何キロも真っ直ぐに伸びていたり、大きな牧場には牛がのんびり草を育んでいる、この広大な景色は北海道へ来たと言う感じになります。と大変感激していました。大変なところは、やはり冬期間の道路が凍結したり大雪で通行止めになったりする事があります。冬の自然の厳しさだと思います。それから、冬期間は暖房が必要になり毎月の灯油代が1万円以上かかると言う事でしょうか?

北海道は『2度泣く』!?

北海道って聞くとどんなイメージを感じるでしょうか?夏は涼しくていいけど、冬は雪が多くて大変…、観光で行くならいいけど、住むのはちょっとという方も多いと思います。北海道に転勤を言い渡されたときは、「北海道か・・」とがっくり肩を落とし涙する人も多いと聞きます。しかし、住めば都。ココ北海道は四季を身近で感じることが出来るし、都市部であればそこそこ生活には不自由しないし、30分でスキー場やキャンプ場、1時間も走れば海水浴だって可能です。仕事も定時で帰社できればそのままスキー場に直行なんて事も普通に出来る環境です。私もほぼ毎週末は仲間とキャンプや温泉巡りを楽しんでいます。特に冬場の雪をみながらの露天風呂なんて北海道以外では中々楽しめない贅沢ではないでしょうか。そんな北海道を満喫していても再び転勤で北海道から離れる際は、北海道能の魅力にどっぷりと浸かってしまい離れたくないと泣く方も多いらしいです。そんな魅力たっぷりの北海道 悪いところだけではありません。みなさん、ぜひお越し下さい。

四季を全身で感じられる大地

実は北海道に住みたくて、18年前に東京から移住しました。第1の理由は美味しい食べ物。第2には、主人が暑いのが嫌いということでした。自然豊かな環境はもちろんのことです。

●魅力
実際に住んでみて、近所のスーパーでも手軽に新鮮で美味しい物が手に入る、少し車を走らせれば直売所でさらに獲れたての美味しいものが買える、そんな生活になりました。日々の食事がとても充実しています。生まれたときから北海道在住の人にとっては、その品質が当たり前というところもスゴイですね。そして環境ですが、一部にはなりますが、札幌の住宅地でさえキタキツネやエゾリズに出会うこともある、自然に囲まれた環境です。わざわざ遠くまで出かけなくても、四季の移り変わりを肌で感じることができ、色とりどりの景色を愛でることができます。

●大変なところ
誰もが思うところでしょうが、雪です。暖かい部屋の中から、夜中にしんしんと降る雪を眺めるのは、いまだに美しいと思いますが、生活の上ではとても大変です。雪道運転の危険、歩行時もツルツル路面による転倒、冬は緊張の連続です。JRは遅れ、どかした雪で道幅も狭くなり、バスなどは時間が読めなくなります。そして冬用の装備にお金もかかります。冬用の靴、冬用のタイヤ、そして暖房費など。一軒家では朝から晩まで何度も何度も雪かきをしなければなりません。その雪かきをした雪を捨てる場所でトラブルも起こります。ただ、新千歳空港から羽田空港まで1時間半。皆さんが考えるほど僻地ではないですよ。

冬の寒さと雪だけが大変です

自然がいっぱいで水も空気もおいしい。食べ物もおいしい。人もおおらかで優しいです。四季もはっきりしています。大変なのは冬の寒さと雪。北海道でも地域によって降雪量に差はありますが、一年の半分ぐらいは雪があります。雪かきも大変ですし。雪遊びは子供達にはとても楽しいみたいですが…。でも雪がある生活も素敵です。大雪は困りますが、雪も含めて北海道は良い所ですよ。

大自然の恵みが最高です

北海道の魅力を一言で言うと、自然が豊かなところです。まず、自然の恵みである食べ物が美味しいです。農産物、畜産物、魚介類など、全て新鮮で美味しいものが近所のスーパーで手に入ります。また、新鮮な食材を使って作ったお菓子なども美味しいものがたくさんあります。自然そのものを楽しむ、ドライブや旅行も良いです。北海道内だけで充分すぎるくらい楽しめます。大変なところは、やはり冬の雪や寒さです。毎年雪下ろしで屋根から落ちる事故が多発しますし、地域によっては道路が雪で狭くなり、2車線の道路が1車線になってしまいます。

北海道の魅力と大変なところ

北海道は自然がたくさんあり、そのことにより食べ物も非常に美味しい土地です。特に農産物は昼と夜の寒暖差の違いからジャガイモの味などは全く別物と言っても過言ではないかと思います。大変なところは雪は周知の事実ですが、その面積から移動距離が必然的に多くなり、目的地までの移動時間がかかってしまうということ。移動時間を短縮するため飛行機などをを使うと費用もかかってしまいます。なので車が無いと移動が大変です。

大好き!北海道☆

北海道の魅力ー。広大な大地にそれぞれの四季を感じられるとこ。食べ物が美味しく舌も満足。サブカルチャーの聖地でもあり、有名な漫画家さんやアーティストさんもたくさんいます。最近ではアイヌ文化の魅力も改めて感じられます。大変だなって思うことはやはり冬でしょか。雪かきが大変 灯油代が高い、冬の運転などー。雪は北海道を代表する魅力でもありますが、住んでいたらシビヤな現実をつきつけられる時もあります。