クレジットカード審査

クレカ審査が不安なら、まずはこの1枚

クレジットカード審査に落ちるのはなぜ?

クレジットカード審査に落ちた理由は絶対に教えてもらえません。クレジットカード会社や銀行には、審査に落ちた理由や審査基準を教える法的な義務がないからです。どうして審査に落ちたのかは、そのカード会社の審査担当者しか分からないというのが現状です。

クレジットカード審査に落ちた理由に心当たりがあればいいのですが、心当たりがない場合はカード会社に対して腹を立てる方もいるかと思います。といっても、クレジットカードの審査に落ちるというのは、色んな要因があるので「クレジットカード審査に落ちた理由は~です」と答えにくいのです。

総量規制をおさらい

クレジットカード審査に落ちる原因は2つあります。1つは過去に事故情報が残っている場合。2つ目は総量規制の枠を超えた借入が既にある場合です。総量規制とは2010年6月18日に施行された改正法で、「年収の3分の1を超える借入はできない」というものです。たとえば年収300万円だと100万円が借入れの限度額というわけです。ただ、総量規制の対象になるのはキャッシング枠であって、銀行やショッピングなどは別の扱いになり、ここが抜け穴となっていますが、とにかく数字でスパッと切られるという点が総量規制の特徴です。

仕事で出張が多く、会社からの仮払いが間に合わずに自分のクレジットカードのキャッシング枠で立替ている場合、この清算が終わらない限り個人の負債となり、新たにクレジットカードを作るときは総量規制に引っかかり、クレジットカード審査に落ちてしまうこともあります。「計算してみたら自分の立替え額が総量規制の枠をオーバーしていた」ということになりますが、ここでは「これ以上クレジットカードを作らない方がいいですよ」と自動ブレーキが掛けてくれているので、立替え分を清算する良い機会です。つまり、クレジットカード審査に落ちてしまった場合は何らかの危険信号でもあります。

キャッシング枠がクレジットカード審査に影響している?

クレジットカードに申込む際、「キャッシング枠を希望されない方は収入証明書の提出は不要」と但し書きがついている場合があります。ということは、キャッシング枠を希望しない方がクレジットカード審査に通りやすいのではないかと思いますが、若干そういう感じはあります。収入証明書の提出を求められるということは、キャッシング枠希望の有無を重視していると考えられるからです。

クレジットカード審査に通るためには、大した必要性がない限り、キャッシング枠を希望しない方が良いでしょう。また、カードを紛失して不正利用された場合にもキャッシング枠があれば被害が大きくなる可能性があり、ユーザーにとってもカード会社にとってもリスクが高く、審査はより慎重になるのが当然です。このような理由から、不要なキャッシング枠を設定することはやめておくことです。